2009年08月17日

航空会社もシニア取り込みに躍起

 航空会社のシニア取り込みが活気付いてきた。従来の航空券のシニア割引に関しては、単にお付き合い程度に設定しているだけではないかと思われるような状態(航空会社のシルバー割引)だったのが、今夏から、やや魅力的な割引サービスが出現したのだ。

 口火を切ったのがANAで2009年7月1日より適用のシニア版バーゲン価格を発表した。それに追随するようにJALが全く似たような価格とサービスで7月17日より開始した。スカイネットアジア航空も2009年9月1日より65歳からのシニア割というバーゲン価格を発表した。今の所期間限定ではあるが、需要の多いこの時期にシニア層の取り込みが成功すれば定常化していくだろう。 
 
 スカイメイトのような「当日に空席があれば」という条件付だが、繁忙期以外は意外に席はあるものだ。 繁忙期でも時間帯によっては、確実に空いている。

 どの便でも片道一万円は魅力的である。 2万円あれば、東京から沖縄でも北海道でも行って来れる。 閑散期のパッケージツアーの方が安い場合もあろうが、日帰りする場合や里帰りする場合など宿は不要なのでちょうどいいかもしれない。

【ANA】
 割引名称:シニア空割
 期間と価格:7,8,9月→10000円(お盆期間は15000円)
       10月1日〜12月10日→9000円
 条件:満65歳以上でANAマイレージ会員であること。
    予約不可(当日空席がある場合にのみ利用可)

【JAL】
 割引名称:当日シルバー割引
 期間と価格:ANAと同様
 条件:満65歳以上であること
    予約不可(当日空席がある場合にのみ利用可)

       
【関連する記事】
posted by silvia at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛行機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

ディズニーシーのシニア割引

東京ディズニーランドや東京ディズニーシーでは、1デーパスポート通常5,500円が60歳以上のシニア向けに4,800円で販売されている。同じような割引制度はユニバーサルスタジオ・ジャパンにもあり、こちらはスタジオ・パス通常5,800円が65歳以上のシニア向けに5,100円で販売されている。

 特筆すべきは、昨年3月に始められた東京ディズニーランド及び東京ディズニーシーのシニア向け年間パスポート。いずれかのみの利用なら3万5000円、両方の利用なら5万5000円で販売される。大人料金からそれぞれ22%、27%の割引となっている。
 特に東京ディズニーシーの場合は、ジャズやミュージカルの要素を取り入れたショーが開かれ、アルコール飲料も販売され、シニアにはぴったりの場を提供してくれる。

 余暇の過し方として、年間3万5000円夫婦でも7万円の費用は決して高いものとは言えないだろう。 定年後の愉しみ方の一つとして取っておいてもよさそうだ。








posted by silvia at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

株取引のシニア割引

 巨額の団塊マネーを取り込むべく、証券業界も食指を伸ばしている。元々中高年の株取引人口はそんなに少なくないこと。 退職後の資産運用と余暇の充実が両立できること。 特にネット証券業界の競争が熾烈なこと。等々が株取引のシニア割引という割引サービスを生んだ背景か?

 株取引のシニア割引を実施しているカブドットコム証券では、かなり手応えが良いらしい。 この会社では50歳以上の方々の株取引が半数以上で、しかも大口の取引が多いとのこと。ちなみにシニア割引の概要は以下の通り。

カブドットコム証券のシニア割引
 60歳以上は手数料が10%引き。50歳以上60歳未満は5%引き。



 
posted by silvia at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株取引など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

公衆浴場入浴サービス

 市町村レベルの各自治体では、高齢者福祉の一環として、公衆浴場入浴サービスを実施している。以下、管理人の近くの市町村のサービスをのぞいてみることにする。

茅ヶ崎市の公衆浴場入浴サービス
 ひとり暮らしで65歳以上の方に、入浴と語らいの場を提供し健康増進を図るために、市内の公衆浴場を無料で利用できる入浴券を月4枚交付しています。

藤沢市の老人入浴助成事業
 68歳以上の方に入浴券を月に4枚交付しています。但し1枚あたり150円の自己負担が必要です。

市町村のホームページの高齢者福祉サービスのページをみると色々な助成事業を展開しているのがよくわかりますね。 シルバーの方は既に口コミでよく知っているかもしれませんが、一度チェックを入れておく価値はありそうです。



posted by silvia at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 公衆浴場など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

美術館等のシニア割引

 国や地方自治体の運営する美術館や博物館では、さすがにシニア割引が充実している。社会福祉の一環であろう。

 例えば、東京や京都などの国立美術館では、65歳以上であれば、常設展示が無料で観覧できる。
 その他、都の美術館、博物館では以下のシニア割引ないしはシニアデーが設けられ、恩恵に与ることができる。

東京都美術館
 観覧料が有料となる企画展において、65歳以上はほぼ半額。また毎月第3水曜日のシニアデーに限っては無料。

江戸東京博物館
 常設展観覧料が65歳以上は半額。第3水曜日は無料。
posted by silvia at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

ゴルフ場のシニア割引

 ゴルフとシルバー割引というのはどうも縁がなさそうである。 
 元々日本におけるゴルフというのは、庶民に身近なスポーツではないので、現役時代は接待や交際あるいは懇親を目的としたゴルフが盛んに行われても、一線を退くとレジャーとしてのゴルフをやる人もあまりいない。また、そんな背景からか、ゴルフ場もシルバーとか特定の層を対象としたサービスを、提供してこなかった。

 バブル崩壊後、一時は流行りだしたシニア割引も今や影を潜めつつある。以下のゴルフ場はかつてこのようなシニア割引をやっていたようだが、今は運営が変わってしまって、シニア割引もなくなってしまったようだ。

■秩父国際カントリークラブ(埼玉)
60歳〜 毎週木・金曜はレディース&シニアサービスデー。昼食付きビジターセルフ7,300円

■小田原ゴルフ倶楽部松田コース(神奈川)
60歳〜 月末にシニア&レディースデー。ビジター(キャディ・カート込み)9,800円。セルフ6,970円


一部のゴルフ場では、シニアデーを設けて特別料金設定している模様だ。しかしながら大々的にはPRしていない。

■勝沼ゴルフコース(山梨)
毎週火曜日はシニアデー。

posted by silvia at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

ワーナーマイカルのシニア割引

 ワーナーマイカル系の映画館では、毎週水曜日女性の方のみ入場料が1,000円になるレディースデイ、 毎夜8時以降上映の全作品1,200円均一で見れるレイトショー、毎月1日映画ファンのために1,000円均一となるファーストデイなどお得な割引制度が充実している。
 これらの割引サービスは、時間帯や日が限定されているが、そういった制限が一切ない割引サービスも充実している。 シニア割引はまさに、そのひとつであり60歳以上であれば1000円でいつでも好きな映画が見れる。 一般料金が1700円〜1800円程度であるので、かなりの割引率といえよう。 このシニア割引はワーナーマイカルに限らず、殆どの映画館で実施されているサービスのようで、近くの映画館にいく場合はぜひともチェックされたい。

 参考:ワーナーマイカルシネマズ みなとみらいの料金表

 ところで、話はワーナーマイカルの戻るが、系列の全国の映画館で提供されているお得なサービスが存在する。 シニア対象ではないが皆に教えてあげれば喜ばれること間違いなしのサービスである。

夫婦50割引
 ・夫婦でどちらかが50歳以上であれば二人で2000円で映画鑑賞できるサービス。

高校生友情プライス
 ・高校生3人以上のグループの場合、料金が一人1,000円で映画鑑賞できるサービス。


posted by silvia at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画館など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

航空会社のシルバー割引

 陸の旅では、各鉄道会社がバラエティーに富んだシルバー世代取込のための会員制サービスを行っているが、空の旅においては、そう目立ったサービスはない。
 但し、日本航空、全日空共にシルバー割引は用意されている。共に65歳以上を対象にし、割引率も共に25%である。使い勝手はあまりよくなく、年末年始等の繁忙期は対象外だし、予約の変更もできない。

 航空業界は、今はマイレージ会員の取込に躍起になっている感じでシルバー世代の取込に戦略を巡らす余裕はなさそうである。 ただシルバー向けサービスを充実しても、既にこの世代はバーゲン切符などの格安切符の恩恵に与っている世代でもあるので、充実しても効果が無いとの判断もありそうである。 確かに鉄道は格安切符があまりないので、シルバー向けサービスがうまくいっているのかもしれない。

参考のために航空各社のシニア割引を以下に掲載しておきます。

【JAL】 
 割引名称:シルバー割引
 対象年齢:65歳以上
 割引率 :25%
 除外期間:繁忙期
   (2009年は7月17日〜8月31日、12月11日〜2010年1月4日及び
    2010年3月5日〜3月31日)
  
【ANA】
 割引名称:シニア65割引
 対象年齢:65歳以上
 割引率 :25%
 除外期間:繁忙期
   (2009年は7月17日〜8月31日、12月11日〜2010年1月4日及び
    2010年3月5日〜3月31日)

【スカイネットアジア航空】
 割引名称:55歳からのシニア割
 対象年齢:55歳以上
 割引率 :25%程度
 除外期間:あり

【AIR DO】 DOシニア60
 割引名称:DOシニア60
 対象年齢:60歳以上
 割引率 :20%〜30%程度か?(繁忙期は割引率低い)
 除外期間:お盆と暮れ、正月のみ(大手他社よりは緩い)


posted by silvia at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛行機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーホテルのシルバー割引

 管理人が年末年始の帰省の度ごとに利用しているスーパーホテルは、一泊4980円で有名な格安ホテルであるが、ゴールデンエイジプランという60歳以上を対象にしたシルバー割引を実施している。

 日曜、祝日限定ではあるが、一泊1400円も安くなる3570円のプランである。また2人で泊まれば2310円と破格値である。 

 管理人の場合はシルバー割引対象者はいなかったが、代わりに学生割引対象者がいたため、4人で3泊し、約36000円程度と非常に得した気持ちになった。シルバー割引を紹介しているのか、スーパーホテルを宣伝しているのか、良く分からない状況になってしまったが、いずれにせよ、こういった割引プランは色んなホテルで用意されているようなので、チェックしてみる価値はある。

 以上は格安版でしたが、高級版では、ホテルニューオータニの算賀プランがあります。これは還暦や古希、喜寿など人生の節目のお祝いをしてもらおうとの趣旨から用意されているようで、1泊室料、朝食、夕食、祝菓子、写真室での記念写真(六切り、送料込み)、税金・サービス料込みで一人50000円と80000円プランがある。 主に贈り物として利用されているようだ。
 
 庶民には、高級版は必要ないので、格安プランからシルバープランを見つけることにしよう! この当たりのサイトを使うと探しやすいですね。
 
   

 

posted by silvia at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

日本人は5人に1人が65歳以上

 タイトルにもあるように、日本人の人口の5人に1人が65歳以上である。また、その半数が75歳以上であり、日本はまさにシルバー社会なのだ。

 65歳以上の人口推移と75歳以上の人口推移を表すと

 【65歳以上】
  ・1952年  5.0%
  ・1985年 10.3%
  ・2005年 20.2%
  ・2007年 21.5%

 【75歳以上】
  ・1950年  1.3%
  ・1991年  5.0%
  ・2007年 10.0% 1276万人(男479万人 女797万人)

 二次曲線に近い形で、高齢者の比率が高まっていることが分かる。
 高齢者の社会参加は自然の流れであり、社会全体もこの流れに合わせて変わっていかないといけないですね。





posted by silvia at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

シルバーパス

 東京都には条例で定められた、お年寄りにやさしいバスや鉄道などの乗り物乗り放題の乗車証制度があります。各自治体にもあるようですが、今回は東京都シルバーパスについて紹介したいと思います。

 東京都シルバーパス制度は、東京都シルバーパス条例と東京都シルバーパス条例施行規則により定められており、社団法人東京バス協会が運営するものです。概要は以下の通りです。

○対象者:
 東京都に住所を有する70歳以上の方

○負担金:
 非課税者は1000円、課税者は20510円の負担金が必要です。有効期限が半年以内であれば課税者の負担金は10255円です。

○利用可能な乗り物:
 シルバーパスで乗車できるのは、都内の停留所相互間に限られます。また、高速バス路線、空港連絡バス路線、深夜急行バス路線、定期観光バス路線及び臨時バス、季節バス路線等は除かれます。
 なお、地下鉄は都営地下鉄のみで区間は以下に限られます。
 @ 都営浅草線 (西馬込―押上)
 A 都営三田線 (目黒―西高島平)
 B 都営新宿線 (新宿―本八幡)
 C 都営大江戸線(全線)

○有効期間
 シルバーパスの有効期間は、10月1日から翌年の9月30日までです。

silva.gif



 ちなみに他の自治体では、横浜市には、シニアパスというのがあります。以前は無料だったようですが、今は定期券方式で6ヶ月で18000円の有料です。65歳以上が対象で横浜市営バス全線乗り放題ですが、市営地下鉄には乗れません。

 また、神奈川中央交通では、「かなちゃん手形」という65歳以上の方ならどなたでも神奈中・神奈交各社の路線バスが1乗車現金100円で利用できるパスを発行しています。料金は1年間有効期間のもので9000円とかかりますが、県内のバスをよく利用する人にはお得です。






posted by silvia at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 地下鉄・バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

大人の休日倶楽部

 JR東日本の提供する会員制のサービスです。「大人の休日倶楽部ミドル」と「大人の休日倶楽部ジパング」の2つがあり、前者は50歳以上から入会可能です。 後者はJR各社共通のジパング倶楽部と同様のものです。

「大人の休日倶楽部ミドル」はジパング倶楽部のシニア版という感じで、男性であれば50歳〜64歳まで、女性であれば50歳〜59歳までが入会対象になります。ジパング倶楽部がJR全線の運賃が3割引になるのに対し。大人の休日倶楽部ミドルは、5%引きと割引率は極端に悪くなります。その他の主な特典は、
 ○びゅう国内旅行商品が5%割引で何回でも利用できる。
 ○ビューsuica付きの専用のクレジットカードが必要になりますが、
  切符や商品等購入時にポイントが1.5%程付きます。
 ○クレジットカードには傷害保険が付与されています。
 ○JR提携の飲食店等ホテル、バス等の割引があります。

 また、これもジパング倶楽部同様、利用には制約がありますので、要チェック項目です。
 ・5%割引を得るためには、新幹線を含むJR東日本線・JR北海道線
  を片道・往復・連続で201キロ以上の場合
 ・一部、割引にならない列車・設備・期間(4/27〜5/6、8/11〜
  8/20、12/28〜1/6の全期間)があります。

 会費は、クレジットカードの年会費500円込みで、なお、会員になるにはクレジットカードへの入会が必須です。
 ・2500円(会費2000円+クレジットカード年会費500円)






posted by silvia at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道・旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

ジパング倶楽部

 JR各社共通のシルバー向け会員サービスです。

 年間費は税込みで3670円。これだけ払えばでJR全線の運賃・料金が最大3割引になります。入会資格は男性65歳以上、女性60歳以上で、夫婦のどちらかが65歳以上なら夫婦揃って入会できます。
二人で入れば、年会費は税込で6120円とさらにおトクです。

*JR東日本のジパング倶楽部は専用のクレジットカードへの入会が必須になります。その際個人会員の場合で500円、夫婦会員の場合で1000円の年会費が別に必要になります。


 運賃の割引以外の特典は、
 ・毎月1回、情報誌(会員誌)が届きます。
 ・会員のために企画された特選旅行が充実しています。
 ・イベントやセミナーが開催されています。
 ・JRグループのホテルの宿泊料金が割引になります。

 先程の3割引ですが、ちょっと制約もあります。入会の際は要注意項目です。

・JR線を片道、往復または連続のいずれかで201キロ以上利用する場合に限定されます。
・利用3回目までは運賃・料金とも2割引です。4回目以上から3割引になります。但し会員を継続した場合は、初回から3割引です。
・この割引特典を受けられるJR乗車券購入証は、年20枚までです。
・「のぞみ」の特急料金など割引にならない列車や設備もあります。
・ 8月11日〜20日、12月28日〜1月6日、4月27日〜5月6日は利用できません。

 参考URL
 JR東日本→大人の休日倶楽部ジパング
 JR西日本→ジパング倶楽部





 
posted by silvia at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道・旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。