2007年11月30日

日本人は5人に1人が65歳以上

 タイトルにもあるように、日本人の人口の5人に1人が65歳以上である。また、その半数が75歳以上であり、日本はまさにシルバー社会なのだ。

 65歳以上の人口推移と75歳以上の人口推移を表すと

 【65歳以上】
  ・1952年  5.0%
  ・1985年 10.3%
  ・2005年 20.2%
  ・2007年 21.5%

 【75歳以上】
  ・1950年  1.3%
  ・1991年  5.0%
  ・2007年 10.0% 1276万人(男479万人 女797万人)

 二次曲線に近い形で、高齢者の比率が高まっていることが分かる。
 高齢者の社会参加は自然の流れであり、社会全体もこの流れに合わせて変わっていかないといけないですね。





posted by silvia at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。