2009年08月17日

航空会社もシニア取り込みに躍起

 航空会社のシニア取り込みが活気付いてきた。従来の航空券のシニア割引に関しては、単にお付き合い程度に設定しているだけではないかと思われるような状態(航空会社のシルバー割引)だったのが、今夏から、やや魅力的な割引サービスが出現したのだ。

 口火を切ったのがANAで2009年7月1日より適用のシニア版バーゲン価格を発表した。それに追随するようにJALが全く似たような価格とサービスで7月17日より開始した。スカイネットアジア航空も2009年9月1日より65歳からのシニア割というバーゲン価格を発表した。今の所期間限定ではあるが、需要の多いこの時期にシニア層の取り込みが成功すれば定常化していくだろう。 
 
 スカイメイトのような「当日に空席があれば」という条件付だが、繁忙期以外は意外に席はあるものだ。 繁忙期でも時間帯によっては、確実に空いている。

 どの便でも片道一万円は魅力的である。 2万円あれば、東京から沖縄でも北海道でも行って来れる。 閑散期のパッケージツアーの方が安い場合もあろうが、日帰りする場合や里帰りする場合など宿は不要なのでちょうどいいかもしれない。

【ANA】
 割引名称:シニア空割
 期間と価格:7,8,9月→10000円(お盆期間は15000円)
       10月1日〜12月10日→9000円
 条件:満65歳以上でANAマイレージ会員であること。
    予約不可(当日空席がある場合にのみ利用可)

【JAL】
 割引名称:当日シルバー割引
 期間と価格:ANAと同様
 条件:満65歳以上であること
    予約不可(当日空席がある場合にのみ利用可)

       
posted by silvia at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛行機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

航空会社のシルバー割引

 陸の旅では、各鉄道会社がバラエティーに富んだシルバー世代取込のための会員制サービスを行っているが、空の旅においては、そう目立ったサービスはない。
 但し、日本航空、全日空共にシルバー割引は用意されている。共に65歳以上を対象にし、割引率も共に25%である。使い勝手はあまりよくなく、年末年始等の繁忙期は対象外だし、予約の変更もできない。

 航空業界は、今はマイレージ会員の取込に躍起になっている感じでシルバー世代の取込に戦略を巡らす余裕はなさそうである。 ただシルバー向けサービスを充実しても、既にこの世代はバーゲン切符などの格安切符の恩恵に与っている世代でもあるので、充実しても効果が無いとの判断もありそうである。 確かに鉄道は格安切符があまりないので、シルバー向けサービスがうまくいっているのかもしれない。

参考のために航空各社のシニア割引を以下に掲載しておきます。

【JAL】 
 割引名称:シルバー割引
 対象年齢:65歳以上
 割引率 :25%
 除外期間:繁忙期
   (2009年は7月17日〜8月31日、12月11日〜2010年1月4日及び
    2010年3月5日〜3月31日)
  
【ANA】
 割引名称:シニア65割引
 対象年齢:65歳以上
 割引率 :25%
 除外期間:繁忙期
   (2009年は7月17日〜8月31日、12月11日〜2010年1月4日及び
    2010年3月5日〜3月31日)

【スカイネットアジア航空】
 割引名称:55歳からのシニア割
 対象年齢:55歳以上
 割引率 :25%程度
 除外期間:あり

【AIR DO】 DOシニア60
 割引名称:DOシニア60
 対象年齢:60歳以上
 割引率 :20%〜30%程度か?(繁忙期は割引率低い)
 除外期間:お盆と暮れ、正月のみ(大手他社よりは緩い)


posted by silvia at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛行機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。